気になった本を手に取って読んでいると、何やら本屋が五月蝿くなった。

どうやら、小学生が数人やってきたらしい。

彼等はどうやら漫画の新刊を見に来たようだ。

ちらっと彼等を見てみると、同じクラスの奴等だった。

なんとなく顔を合わせたくないので、彼等に気付かれないように店を出た。