あまりのおぞましさに身の毛がよだつ。


ドカドカと嫌な動悸が止まらず、一ノ瀬は浅い呼吸を繰り返した。



「どういう事だ!Blue dollの奴ら!人身売買って……人体実験してたっていうのか!

子供をっ!こいつも!人体実験されて……クソッ!」



“ガン!” と一ノ瀬がイスを蹴飛ばす。



「 それに、なんなんだあれは!」



最後にチラリと映りこんだ、黒い羽と鬼のような手……


一ノ瀬は頭を抱える。




「 一ノ瀬さん 」


一樹が倒れたイスを起こして言う。




「今は、偽造された記憶を消していかないと全ての真実は見えません。

ただ、この子をすべて見るには覚悟が必要のようです 」



一樹は悲しげに少女を見つめる。



一ノ瀬はフラフラと窓の方へ近づくと、ある人物に電話をかけた。




「……黒木、すぐに来てくれ。……助けたい、やつがいる 」


もう夜も深い……


窓には力なく夜空を見上げる男の顔が映っていた。