あっという間に光たちは少年の前に集まった。



《 こらっ!伯耆坊!まったく、おまえは勝手な事ばかりしおって!》


低い声が響きわたる。


轟くような声に、足元の小石がカタカタ震えた。



《 何をしたか分かっておるのか!》


《 一歩間違ったらおまえだってどうなっていたか知れんのだぞ!》


《 まったく、無茶なことを!》



光の玉たちが、それぞれの声色で喋り出す。



・・・あ。


その光景に、あたしは思い出した。


殴られて、死にそうで、そしたら光の玉が飛んで来て、今みたいに喋って……