【 D.S.P本部】



「何が一体どうなっているんだ?」



一ノ瀬徹也はまたも困惑していた。


例の少女が、半透明の球体のようなもので覆われているのだ。


突然出現したそれの風圧に、イスやテーブル、棚が倒れ、書類がばらばらと床に散らばった。


球体の中では電気が放電しているかのように、バチバチと火花が散っている。



「 バリアーか 」


中の少女は相変わらず無の表情だ。しかし、静かに横たわるその姿は、おとぎ話の眠り姫を連想させた。

陶器のようになめらかな白い肌、コンパクトで筋が通った鼻、ふっくらとした唇。

顔、体のパーツすべてがゆるぎない美しさをまとっている。



「指揮官!何があったのですかっ!」


騒ぎを聞きつけ、D.S.Pの隊員がわらわらと集まりだす。


「おっほ♪いよいよショータイムの始まりですかあ?楽しみい~♪」


「おまえなあ、」


黒い瞳を輝かせ、そわそわするアフロの男、黒木を見る。

この男、黒木誠(くろきまこと)はヒーラーだった。

黒木は自己治癒力に働きかけ、代謝速度を活性化させる事で病気やケガを治す能力を持っていた。

この作品のキーワード
超能力    切ない  バトル  成長  仲間    ヤクザ  暴走族