ねえ、健斗。

本当は私、あと一か月と少しで、ここからいなくなってしまうの。

そんなこと到底言えなくて、口を閉じる。

その瞬間、健斗の顔がぐっと近づいてきた。

何を言われたわけでもないのに、私はまぶたを閉じる。

ふと、温かくて柔らかいものが唇に触れた。

私は当然のようにそれを受け入れる。

何度も、何度も。

羽根のように優しいキスが、私に降り注ぐ。




──好きだよ。大好きだよ。

なのに、ごめんね──。




やがて、花火が再び上がりはじめた。

きらびやかだった打ち上げ花火が、涙で曇った目に映り、にじんで消えた。

それはとてもとても儚く、悲しいものに見えた。