彼の笑顔は虚像のようにはかなく太陽のようにまぶしかった。私のすぐ目の前にいるあなたが、遠く遠く離れた場所にいるような真っ白な感覚。この真っ白なキャンパスに零れ落ちる私の気持ちはじんわりと静かにしみこんでいく。今日もあなたはあたしよりももっと先を見つめては静かに私を抱きしめる。