時は昔、日本の江戸。
新撰組や、花魁、将軍がいた時代。
妖怪と人間が仲良く暮らしてましたとさ。
そのなかで彼女は、白い狐に恋をした。
遠い昔、幼き頃に出会った狐の男の子を思い出しながら。

目次

この作品のキーワード
恋愛  妖怪