麻生くんが、お直しが出来上がったスーツを取りに来た。
今日はアイボリーのボタンダウンシャツに、ジーンズ。ふむ。

ちょうどお客様の波が途切れた時だったので、言ってみた。

「よかったらここで着てみませんか? お直しがちょうどいいかどうか」

「あ、はい……」

断れずにうなづく麻生くん。




あら、まあ。

試着室から出た麻生くんは、なかなかの男前になっていて。

……お姉さん、ちょっとドキっとしちゃったよ。

いやいや。
慌てて、「よくお似合いです」なんて営業スマイルを浮かべてごまかす。

「ご自分でいかがですか?」

「すごいですね、スーツの威力……」

大発見をしたように鏡を見たり、自分の身体を見下ろしたりして、目を輝かせる麻生くん。

あたしは思わずうれしくなってしまった。

「そうでしょう? ビシッと着こなすと、気合い入るでしょう? バリバリ仕事するぞ〜って気になるでしょう?」

麻生くんはあたしを見た。
その眼差しは、大人の男の人のもので。
その微笑みは、なかなか魅惑的で。
いっちょまえに、こんな顔するんだ。
なんてドキっとしてると。