2.希望 Gerbera

 深山記念病院のセカンドオピニオン外来は毎週木曜日の午後に行われていた。

保健適応外で全て自費扱いとなっている。三十分で二万五千円という金額は花名に取って痛い出費には違いなかった。しかし、母親の病気が治るのならば安いものだ。

花名はその費用をどうにか工面した。

その日、仕事は半有給をもらった。樹の配慮だった。

午前の仕事が終わったその足で、セカンドオピニオン外来の受付窓口までくると、事務員に声を掛ける。