「これってすでに犯罪じゃないの?」
 私はシートに横たわり、車の低い天井を睨んだ。
 友広くんの神経を逆なでしてはいけない、と思うものの、おとなしくいいなりになっているのも癪だった。
 意外にも隣のシートから愉快そうに笑う声が聞こえてくる。
「未莉さんらしいですね。確かにこれは立派な拉致だ」
「私がいなくなったこと、すぐにみんな気がつくわ」
「そうですね」
 友広くんは余裕の笑みを浮かべていた。
「でも大丈夫です。きちんとお伝えしてあります」
「誰に、何を?」
「あなたのお姉さんに、これから未莉さんをお連れする場所について」
 ——姉に?
 私は友広くんの顔を確かめるように見つめた。その目に嘘はなさそうだけど。
「すぐに駆けつけてくれますよ。守岡優輝もいっしょに、ね」
「制作発表はどうなるの?」
「さぁ? そんなこと、知りません。でもぶち壊すために未莉さんを拉致したのだから、そうなってくれないと困ります」
 傲慢な言いぐさに驚いたが、腹を立てるほどの気力が私にはまだなかった。むしろ姉と優輝が来てくれると聞いて、少しホッとする。
 ——早く会いたい……けど。
「大ごとになってもかまわないの?」
「大丈夫ですよ。警察沙汰にはなりません」
 友広くんは表情をほとんど変えず、事務的に応じた。
「どうしてそんなことが言い切れるの?」
「それは到着したらわかりますよ」
 彼の父親の別荘に何かの仕掛けがあるのだろうか。それとも彼の父親がなにがしかの権力を持つ人物なのだろうか。
 問うような視線を送ってみたが、まるで私に興味がなくなったかのように彼は顔をそむけ、深いため息をひとつついた。

 いつの間にかうとうとしていたらしく、肩を揺すられてハッとした。
 先ほどに比べるとずいぶん頭がすっきりとし、体も軽くなっている。
 車は大邸宅の玄関ポーチに止まっていた。
 晴れていれば高原のすがすがしい景色を楽しめるのだろうが、今は頭上にのしかかってくるような灰色の雲が、背後の林をも不気味な色に染めている。
 空気は冷えきっていて、ノースリーブのワンピースで車外に出ると体がぶるっと震えた。
「どうぞ」
 友広くんが玄関のドアを開け、私を中へ入るように促した。
「いらっしゃいませ」
 玄関の脇で初老の男性が深々と頭を下げていた。どうやらこの別荘の管理人らしい。
「何か連絡は?」