コマーシャルの打ち合わせは3時間近くかかった。今朝姉から呼び出され、急遽午後半休をもらったのだけど、会社で仕事をするよりも精神的な疲労が甚だしい気がする。
 打ち合わせ終了後、トイレの洗面台の前で「未莉さん」と呼び止められた。
 真横に竹森さんがいた。思ったより背が高い。私は少し見上げるようにして彼女に答える。
「お疲れさまです」
「お疲れさまです。未莉さんって本当にかわいらしい方ね」
 微笑みながらそう言った竹森さんは、私よりはるかにかわいらしいと思うのだけど。
「いいえ、全然。竹森さんのほうが美人なのに、西永さんのアシスタントをされているなんてもったいないです」
 鏡の中の竹森さんは首を横にふった。
「未莉さんは守岡優輝を相手にしても堂々としていたでしょう。私、あのオーディション、見ていたのよ。守岡さんが女性にあんな態度取るの、はじめて見たわ」
 あーなるほど。竹森さんはよく優輝と一緒にお仕事されているんですね。
 さりげなく自慢されたような気がして、私は思わず竹森さんの顔をまじまじと見つめてしまった。陶器のようにきれいな肌に意志の強そうな濃いめの眉。そして理知的な光が見え隠れする切れ長の目。うっかりすると吸い込まれそうな気がして、慌てて真正面の鏡に視線を戻した。
「恥ずかしいところを見られていたんですね」
 私は消え入りそうな声で言った。
 せっかく最終選考まで残ったのに、肝心なところで相手役の俳優に罵声を浴びせて消える人間がどこにいるというのだろう。審査会場にいた全員が私のことをあざ笑っていたに違いない。少なくとも私が竹森さんの立場だったら、何をしに来たんだと呆れると思う。
「いいえ、未莉さんが選ばれなくて残念でした」
 鏡には私に笑いかける竹森さんの顔が映っている。残念そうに眉根を寄せ、慰めるように小首を傾げた。ひとつひとつの動作が女性らしくて、妙に心がくすぐられた。
 こんなとき私も笑顔を返せたらいいのだけど、できないものはできない。中途半端な暗い表情で「でも」と応じた。
「今回のコマーシャルに声をかけてもらえたのは、あのオーディションのおかげなので本当にありがたく思っています」
 その瞬間、すっと竹森さんは目を細めた。背筋に寒気が走る。なんだろう、この感じ。彼女の頬から笑みが消えただけなのに——。