「難波、昇進おめでとう」

「そっちこそ、課長なんてすごいよ。
さあ、今夜は飲もう飲もう!」


この春一緒に昇進した同期との夜。

カチンとジョッキを合わせて

会話に花を咲かせて

ええっと……

そのあと、どうしたんだっけ?





「なぁ、昨日の約束、覚えてる?」

「……え? 約束?」

「そ。俺と一緒に住も」





……な、なんですかそれは!?

と、思いつつ

私は私で、断る理由もなかった。

ただ、心配事がひとつだけ。





一緒に住むいうことは

封印せにゃいけんことがあるんじゃが……

大丈夫か、のう?



。o○゚+.。o○゚+.。o○゚+.。o○゚


都会人のふりした方言OL

×

クールなふりした盲愛同期


。o○゚+.。o○゚+.。o○゚+.。o○゚



先に化けの皮が剥がれるのはどっち?


2016.8.31 公開

2016.11.8 完結

2017.3.4 番外編完結




この作品のキーワード
方言  オフィス  ギャップ  コーヒー  同期  同居  溺愛  あまあま