「あ、あの山下くん。
どうしてまだ帰らないの…?」



放課後の誰もいなくなった教室で、

私は首を傾げ、問いかけた。



私がどうして金曜日の放課後に

教室に残っているかと言うと、

英語で居残りを命じられたから。




「俺も居残り。
今日の英語、全部寝てたから、それで」



「ああ、たしかに寝てたね…っていうか、英語に限らず毎日寝てるよね!?」



「あー、バレてた?」



いや、バレてた? じゃないよ。



「隣の席なんだから、
いやでも気付くってば!」



「ははっ」



もう教室は薄暗いし、静かだし……

こんな状態で居残りなんて全然やる気でないけど、


一人じゃないだけありがたい。


山下くんも居残りなんて心強いし、
よかった……




「あのさ、遠山ってばかだよね」


「………」



真顔で真っ直ぐ見つめてくるから、いったい何を言い出すのかと思えば……


うん、忘れてた。



目が覚めてる時の山下くんは

すっごい意地悪だってこと。


この作品のキーワード
高校生  溺愛  意地悪  ベタ惚れ  甘々  独占欲  すれ違い  切ない  胸キュン