「……ん…」



目を開けると、
自分の部屋の天井があった。



あれ……私いつの間に……?

ぼうっとした頭で考える。



たしか、山下くんと帰ってて…


それから……。


それから……?




"遠山とは付き合わない"




その言葉までは覚えてる。


忘れたいのに、しっかりと覚えてる……のに。



なんで、
そこから先の記憶がないんだろう…。




思い出そうと必死に頭を巡らせるけど、全くもって何も思い出せない。




頭を抱えると、


「愛音〜、入るよ〜?」


ドアの向こうからお母さんの声がした。



 

この作品のキーワード
高校生  溺愛  意地悪  ベタ惚れ  甘々  独占欲  すれ違い  切ない  胸キュン