金曜日、放課後。


かんなはバイトがいつもより早めのシフトだと言って先に帰ってしまい、

そのあと大倉くんも部活に走って行ってしまった。


……明日10時にこの前の公園で、と言い残して。




「山下クーン!お昼寝の時間はもう終わりですよ〜〜聞こえてますか〜〜?」



藤本くんのふざけて楽しそうな声が後方から聞こえてきたことで、山下くんがまだ教室に残っていることを認識する。



眠っているならと、そっと後ろを振り向いてみると、ちょうどこちらを見た藤本くんと目が合った。



藤本くんは何やらご機嫌な様子でこちらに近づいてくる。




「俺今から急ぎの用事があってさ。遠山さん悪いけど山下起こしてやってくんない?」


この作品のキーワード
高校生  溺愛  意地悪  ベタ惚れ  甘々  独占欲  すれ違い  切ない  胸キュン