驚くことに、山下くんはあれから1週間毎日勉強を見てくれた。




相変わらず意味わかんないことばっかり言って私を困らせてくるけど、

けっこう真剣に教えてくれるから馬鹿な私も少しは進歩した気がする。





隣に山下くんがいて落ち着かなくもあるけど、

ある程度勉強に集中するとほとんど気にならないようになった。



追試まであと1週間。

なんとしてもパスしなければ…!





「ばーか。ここの計算違う。
もっかいちゃんと見なおしてみろ」




「えっ、嘘!?」



「ぼっとすんな。
今度こそ制裁を加えるからな」



「ヒィッ…!」



やっぱり山下くんは鬼畜。

山下くんは悪魔。コワイよ!!



わかりやすいし、
教えてくれるのは嬉しいけどさ……



普段と口調が
若干変わってるような……?



意地悪なのは元からだけど、

なんていうか、すごい上から目線。



この作品のキーワード
高校生  溺愛  意地悪  ベタ惚れ  甘々  独占欲  すれ違い  切ない  胸キュン