退屈で、平凡な自分


ある日現れたのは、転校生


その日からほんのちょっとずつ


私の物語が始まる







小説家志望のきみと、


何もない私。


最後の1ページまで、


一緒に居たいと思った。




2016.07.19〜


 

この作品のキーワード
スタ文大賞  転校生  平凡  成長  初恋  青春