楽しかった趣味では解消できないほど強烈なストレスがあった。

幸せな人を見るのは嫌い。

家にも学校にも心許せる場所はなかった。


そんな私の気持ちに気付き親身になってくれたのは、お母さんの再婚で義理の兄になった人。

幸せの予感を受け入れたくなくて、だけどやっぱり幸せになりたい。そう思わせてくれた彼は優しく言った。

「俺のことは好きにならないで」

彼のあたたかい声音が、残酷なほどに胸を貫いた。










 大切なものは消そうと思って消せるものじゃなく、いつの間にか心の中に存在している。







2016.07.19〜2016.08.26
2016.08.27 公開
スターツ出版文庫大賞エントリー作品

この作品のキーワード
純文学  バンド  高校生      葛藤  友情  恋愛  命の大切さ