週末は、すでに本格的な夏を感じさせる陽気だった。

こまごました日用品を買いに出ていた私は、名前を呼ばれた気がして、広い歩道の上で足を止め、きょろきょろする。

すぐ目の前に、真っ赤なドイツのカブリオレが停まっているのが目に留まり、ひゃー派手、なんて思っていたら、乗っていた人が私に向けて手を振っていた。



「唯子ちゃん、こっち」



一樹先輩だった。





「気持ちいい!」

「コンバーチブル乗ったことない人は、人生損してるよね」



買い物そっちのけで、気持ちよく走れるベイエリアを目指し、車は疾走中。

風が髪をなぶり、日差しが直接肌に降りかかる。

サングラスを持っていてよかった。



「私まだ二度目。ちゃんと座って乗ったのは初めて」

「一度目はトランクにでも入ってたの?」

「それに近い」



後部座席の床に丸くなっていたのだ。

車の撮影で、どうしても同乗する必要があったものの、映り込むわけにはいかなくて、そんな事態になった。

説明すると一樹先輩は、非の打ちどころのないきれいな顔を、無造作にくしゃっとしかめて大笑いした。



「あるある」

「それもオールドカーだったから、こんな最新の初めて。これいくらするの?」

「ストレートだなー。後で自分で調べなよ」

「先輩、なんであんな登場の仕方したの、灯、落ち込んで大変だったんだよ」

「あれ、怒ったんじゃなくて?」

「灯の性格、知ってるでしょ」



彼は答えず、サングラスからのぞく口元を微笑ませた。


海堂一樹。

灯の高校の同級生だ。