『唯子はかわいいなあ、素直だし、我慢できるし』

『私みたいになるなよ』



思い返せば、それらは姉の口癖だった。

ケンカした記憶もなく、特に仲のいい姉妹という自覚もない。


3歳違いなので、中学、高校とも入れ違い。

姉の奔放な言動は、逸話のように耳に入ってくるくらいで、それを目の当たりにしたことも、直接影響を受けることもなくて済んだ。

先生も含めた複数の男の人と同時につきあっていたとか、校内の女子からの嫌がらせを返り討ちにしたとか、友達のクズ彼氏を再起不能にしたとか、今思えばその逸話もかわいいものだ。

でも私にはまねできないものばかり。



 * * *



「佐鳥さん、いいんですかあれ、見過ごして」

「あれってどれ」

「またまた」



三日目の午後、二度目の夜明けを撮り終えて、日が高く昇ったころ一度休憩し、日没待ちのためにまた集まりはじめたところで、木場くんが寄ってきた。

日中は日焼け止め担当をすると決めたらしく、アスリート向けの強いものから肌に優しいものまで取り揃えて、腰から下げた透明なバッグに入れている。

自前のクリームをつけてはいるけれど、そろそろ塗り直す時間なので、せっかくなら試してみようと思い、一番強いのを貸してもらった。


彼が目で示したのは、灯と吉岡さんだった。

みんなから少し離れたところで、折り畳み椅子を並べて談笑している。

灯は適宜、全体の様子に目を走らせているものの、吉岡さんのほうはもはや灯のことしか見ていない。


まあクライアントは、撮れたものをチェックして「OK」と言ってくれさえすればいいので、セッティング中は別に、ああいう状態でもかまわない。

けれど。



「ほら、完全にロックオンされちゃってますよ、灯さん」

「見ればわかるよ」

「見てるだけですかあ?」

「だって、どうすればいいのよ!」



八つ当たりが完全に口調に出てしまい、思わず口を押さえた。

木場くんがさっぱりした今風な顔を、にたっと歪める。



「佐鳥さん、最近そういう感じにボロが出るの、いいっす、俺的に」