忘れられない人がいる。
大きな大きな存在の人。


もう一度あの日に戻れるなら、
お互いにどうしたのだろう。



どちらにしても、
失うことに変わりはなかったのかもしれない。

それでも・・・
後悔だけがいつもこの胸に突き刺さっている。





P.266、319、339 加筆修正しました!

この作品のキーワード
純愛    別れ  切ない      大切  幸せ