ん......まぶしい。


ふと目を開けると、見馴れた天井がある。ここ、あたしの部屋だ。... そっか、亮樹兄ちゃんが連れてきてくれたんだ。


なんか右手にあたたかい感触があった。


「...亮樹兄ちゃん。」


亮樹兄ちゃんが、あたしの手をぎゅっと握ってくれていた。


服もスーツのままだし、あたしが寝ていたベッドに寄りかかるようにして寝ている。


このままじゃ、風邪ひいちゃう...。


この作品のキーワード
  奇跡  治療  学校  病院嫌い  友情  愛情  成長  医者  病気