つーんと鼻につく消毒液のにおい。


お絵かきされた絵や折り紙がはってあって、にぎやかな廊下。


こどもたちの声が響くフロアー。


......まぎれもない、小児科病棟です。


昨日の今日で、いきなり入院。...そんなに急がなきゃいけないのか。


今日の朝、あわてて翔と実優に連絡して、しばらくのお別れを言うと実優は泣き崩れてたけど...。


あたしだって、泣きたかった。けど、よけいに心配かけると思ってなんとか耐えた。


「桜、大丈夫か?」


となりにいるのは、白衣を着た亮樹兄ちゃん。...お医者さんって感じで、なんだかなぁって思うけど。


「うん、大丈夫。」


朝、病院に車で終始無言だったあたし。さすがに心配してるみたい。



この作品のキーワード
  奇跡  治療  学校  病院嫌い  友情  愛情  成長  医者  病気