いくら、暖房が入ってる病院だって、熱があれば寒い。


思わず、亮樹兄ちゃんの体にしがみつく。


「...寒いか?」


あたしは、小さくうなずいた。


なんだか、頭がぽーっとしてきた... 。眠気もすごいし。


「あと少しだから、がまんして。」


そう言って、背中をトントンとたたいた。


それにしても、夜の病院っていつきても不気味。とくに、トントンって響く足跡が余計に怖さをひきたてる。

この作品のキーワード
  奇跡  治療  学校  病院嫌い  友情  愛情  成長  医者  病気