「ね、その後どうなったの?」


「寒紺から連絡はあったんですか?」


「さん、は付けなさい贔瀞さん。気持ちは分かるけど。」



数週間経って卿焼が出社すると、気になっていたのか瞠屡も学未も樺堀も矢継ぎ早に聞いてきた。



「いまだに連絡ありませんよ。やる気があるのか無いのか、分かりません。」



事を荒立てたく無い巫莵の気持ちを考えると、強気に出れず卿焼はもどかしい。



「もしくは、こっちの出方を窺ってるとかね。」


「窺われてもな。示談を進める気無いだろ。」



鮖と節も頭を悩ませる。



「篁さん、あれから衢肖さんと行き帰り一緒みたいですね。」


「……うるさい。大体お前が原因だろうが。何か考えろ。」



茶化すような驛に一瞬照れるが、卿焼はすぐさま思い直し叱責する。



「俺にどうしろっていうんですかー。言い掛かりもいいとこなのに。これだけ連絡無いってことは、向こうも無理だと思ったんじゃないですかね?」



「そうだといいんだがね。」


「所長、衢肖さんお帰りなさい。」



「ただいまです。」



口をヘの字に曲げた驛による都合のいい解釈を、薔次は願わずにはいられない。

この作品のキーワード
咲茱亜  掌編シリーズ  シリーズ  弁護士  事務所  過去  男女関係