精神医学とは癒したり、心の問題を解決する学問だと思っている人は多いでしょう。
しかし、現実は全く違います。
私は精神医学は医学でも科学でもないと確信しております。
この「精神医学に殺される」はノンフィクションとフィクションを交互に交えた物語になっております。
もし、あなたが今、精神科や心療内科やメンタルクリニックに通院するか、しないか悩んでいるのならこの物語を読んでからもう一度考え直してください。
結論から言わせてもらいますが、
精神科や心療内科やメンタルクリニックに行っても、
なにも解決しません。
それどころか99.9%以上の確立で悪化します。
なぜ99.9%以上の確立で悪化するのか?
それはこの物語を読めば、わかります。
(この小説はあくまでも短編ミステリー小説です)

この作品のキーワード
精神科  心療内科  毒親  向精神薬  精神障害  いじめ  公認心理師  精神疾患  神経内科  青春