幼稚園から3人一緒
それが当たり前で
ずっと友達だと思っていた

その関係性が崩れてしまうなんて
誰も思いもしなかった

いつしか芽生えた恋心


比嘉礼子(ひがれいこ)
「あんたは、美雪にあまい」

見つめる視線はいつも
別のあの子を追っている

×

早川冬行(はやかわふゆき)
「同じクラスになれて俺も嬉しいもん」

好きなあの子はいつも
自分じゃない人に恋をする

×

豊浦美雪(とようらみゆき)
「今の先生! かっこいい!」

好きな人には真っ直ぐに
振り向いてくれると信じて

×

相沢善文(あいざわよしふみ)
「生徒にこんな感情をいだくなんて…」

自分の気持ちに戸惑い、悩む


その想いの行方は――

この作品のキーワード
高校生  先生  生徒  幼馴染  片想い  初恋  四角関係