今日は日曜日じゃん。

学校は休みのはず。


じゃあ…誰が何のためにあたしの家の呼び鈴を鳴らしているんだろうか。


…あ、母さんかな。


「…ごめんなさい、気づか…な…」


寝ぼけた目を擦りながらドアを開けると、あたしは勢いよく押し倒され、状況が掴めなくなった。


目の前をよく見ると、そこには弘也の姿。


あたしの両腕を押さえつけ、逃げないようにしている。


力の入り具合がそれを物語っている。