ただ君が好きだった。
一緒にいる理由が欲しかった。

ただ君に側にいて欲しかった。

素直に、言いたかった。

『好き』って。


でも私が好きな君は、私が殺してしまったから。




私の願いは、誰もが願う些細なものだったのに。
ただそれだけだったはずなのに。

どこで履き違えてしまったのだろう。




Since2017.2.21~2.25




この作品のキーワード
高校生  恋愛  怪我  部活  純愛  過去