風見 たすき、28歳。職業、看護師。

彼氏いない歴……年。恋愛の始め方も仕方も
もう忘れてしまった。
あれ?これって世間で言うこじらせ女子?



そんなたすきの前に現れた年下の草食系男子、
一ノ瀬 大翔、26歳。

「ずっと気になってたんです。あなたのことが」

頑張る草食系男子に、たすきはどんどん惹かれて
いくけど……。

「好きです。俺のものになってください」

草食系男子だって、狼になるときはあるんです。

この恋は、健康診断から始まるーーー。


草食系男子(限定狼) × こじらせ女子



初期に書いた作品を大幅に加筆・修正致しました。おそらく短編から長編に変わるので新しい小説として投稿することにしました。

途中から話の進みかたに変更があります。

とりあえず修正前のものもそのままにしておきますが、いずれこちらのみにしたいと思っています。


この作品のキーワード
健康診断  溺愛  甘々  こじらせ  草食系