「荷物取りに行くぞ」


荷物はどうするんだ、とか荷物取りに行くか?とか。
そういう疑問系じゃなく、完全なる断定系。

課長の中では、もうすでに決定事項らしいそれは、私にとってはできれば避け続けたいことだった。



「…どこにですか?」

「決まってるだろう」


他にどこがあるんだと険しくなる目は、一応はぐらかしてみようとした私の目論見を粉砕する。


課長の差す場所は間違えなく、私が先週まで勝と住んでいたマンションのことで。

私が未だ近寄りたくない場所。

淡々と言うこの人はやっぱり鬼だ。


行きたくない…。あの部屋に近寄りたくない。


でも、確かに荷物を取りに行かないわけにはいかない。




眉間にしわを寄せ、黙りこくり明らさまに行きたくないオーラを私が出していたとき、


「今日は大きな宴会入ってただろう」


と、課長が静かにそう言った。



この作品のキーワード
社内恋愛  上司  ドン底  年上  溺愛  同居  裏切り