ショップ店員の深月は仕事からの帰り道。
交通事故未遂にあう。

その車を運転していたのが、ブランドの社長
一ノ瀬諒だった。

病院に連れて行ってもらい、捻挫だと診断された深月。そんな深月を責任もって面倒みるという諒。

会社では冷徹社長だと噂される諒だが、目の前の諒からはそんなイメージはない。更には、

『社長』を脱いで『メガネ』を掛けたら肩書きはなし。と言われるもできない深月。

そんな深月に諒は、とんでもない社長命令を下す!

「今度、社長を脱いだ俺のこと、『社長』って呼んだら・・・お前からキスすること。これは、社長命令だ、いいな?」

更に、諒は昔隠れて飼っていた猫に深月が似ていると猫の代わりに溺愛される。

「夜は抱きしめて眠らせてほしい。夜と朝にはおやすみとおはようのキスをしたい」

私は猫の代わりなのに・・・
更に隠された冷徹社長の秘密とは?


桜木深月×一ノ瀬諒

この作品のキーワード
社長  メガネ  ギャップ    看病  ほのぼの  溺愛