「その手紙の宛先は天国ですか?」


いつものように郵便受けに入れようとしていた手紙。

初めて会ったこの日よりもずっと前から、

ニコリと微笑んだ彼に、わたしは恋をしている。







_·°○°·_·°○°·_·°○°·_·°○°·_




「…たんなる暇つぶしなんだから」

素直になれない女子高生

    ×

「私は、いつも楽しみにしてましたよ」

人のいい郵便局員




_·°○°·_·°○°·_·°○°·_·°○°·_





12歳の年の差。

だけどわたしはそんなのどうでもいいくらいに、彼が好き。






「ときには、素直になることも大切ですよ」

わたしを子供扱いする大人の彼。


でもいつか背伸びして、彼の隣を歩けたなら。






·*·*·*·*·*·


「私になかなか会えなくて寂しいですか?」

「…ばーか」


·*·*·*·*·*·




この作品のキーワード
手紙  郵便局員  高校生  年の差  看護学生  友情  恋愛  日本郵便賞