『貴方はお人形のように振舞わなければなりません』



何十回、何百回と。


小さな頃から言われてきた。


ただ黙って見て見ぬふりを続けてきた親類。


なんて薄情なのだと冷めた目で見やり、いつしか、頼る事すら諦めた。



全て鵜呑みにして、頷くだけでいい。


表情も感情も、身なりさえ気にしない。


自尊など以ての外。


ひたすら忠実に、保身に回って生きてきた。




きっかけは何だったのだろうか。


いや、きっと初めからそんなものはなかったに違いない。


広いお屋敷で、沢山の人に囲まれていても、一人きりであることを知っていた。




捻くれとはまったく別に、自身の殻へと閉じこもるようになり。


そうして常に、自らを抑制する事に努めた。


表情を崩すこともなく。


時と共に、泣きも笑いも失い、声を荒げる事も無くなった。


——感情が、欠落した。