———————



さて。


皐に見送られ、屋敷を出てしばし歩いては見たものの……



これからどうすれば良いのだろう。


勢いと成り行きに任せすぎて、早々に迷ってしまった。


普段の私であれば、これほど計画性がない誘いに乗ることはまずない。


そもそも屋敷の外にいることを想定することもなかった。


何故ならそれは、つい先ほどまであり得ないことだったのだから。



持ち合わせはない。持ち物も皆無。


まさに着の身着のまま出てきてしまった。


更には地理にも暗く、一体全体どこへ向かうべきかも分からない。


これは困りましたね。



ふう、と息を吐き出し思考を巡らせる私に、隣を歩いていた彼が切り出した。



「あのさ、俺ん家来ない?」


「……はい?」


遅れて出た間の抜けた返しは、何も考え込んでいたから聞き取れなかったというだけではない。


想定外の、斜め上の提案だったからだ。


この作品のキーワード
令嬢  お人形  家族  恐怖  初恋  幼なじみ  一途