「みっちゃんだけは、消えないでいて」


彼女の物語のなかで輝き続ける
無敵のヒーローでありたかった


「みっちゃん。みっちゃん、大好きだよ」


いつも真冬のように凍えている
その指先を温めてやりたかった



「ねえ、みっちゃんは?」



言えばよかった

たとえ

正解を答えられなくても
すべてが壊れたとしても


きみが消えて、なくなってしまう前に




16/10/3~17/7/18

この作品のキーワード
高校生  三角関係  依存  野球  別れ  思い出  手紙