★★★★★
一週間。

生と死と、挫折と希望と、諦めと諦めきれない思いと。
もし、あなたの命が後“一週間”だと知ったなら、あなたはどう生きるのでしょうか。

人生の中で、一週間は長いようでいて短い。

過ぎ去ってしまった時間の中の思い出と、今を大切に生きること。

それを感じとれる作品です。
佳月 弥生
16/11/24 22:23

>>新着レビュー一覧へ