「目覚める度に、傷ついて」


ある日、あたしは自殺をした



毎日繰り返されるイジメに耐えられなくなって手首を切った



それなのに



目が覚めると見知らぬ部屋にいた



鏡に映っている自分の姿は



あたしからお金を奪っていたクラスメートの姿だった



あたしの魂は自分の体から抜け



イジメメンバーの体に乗り移ってしまったのだ



こんな子、死んでもかまわない



死ぬのはこの子の方だ



そう思い、あたしは自殺を繰り返す



そして目覚める度に



イジメメンバーとして事実を知ることになる……




2016/10/7~2016/10/31

この作品のキーワード
ホラー  イジメ  自殺  繰り返す  恋愛  友情  ドキドキ  戦慄  スタ文大賞2  青春