“マタニティハイ”という言葉、皆さんはご存知でしょうか? マタニティハイがどういう状態をさすのかという定義は、人によってけっこう違うかもしれませんが、例えば――。


・SNSで胎児のエコー画像を健診のたびに逐次アップ。

・常にキャピキャピとハイテンションで、話題は妊娠・出産のことオンリー。

・母性愛などをテーマとしたポエムを量産して発表するポエマーになる。

・マタニティヌードの撮影(および、写真の披露)。

・「女はやっぱり産んでなんぼよ」的な上から目線の発言を連発。

・清拭もしていない生々しい新生児の写真をメールに添付して出産報告。


 言動や振る舞いが限りなく自己中心的になったり、通常であればできるであろう他者への配慮ができなくなってしまう。要するに、テンションが上がりすぎて周りがまったく見えなくなってしまうのだそうです。

 こういった行動が顕著な妊婦さんは、人間性うんぬんではなく、ひょっとしたらマタニティハイの状態なのかもしれません。

 そういえば以前、ドラマでこんなシーンがありました。妊娠検査薬で陽性が出た若い奥さんが、だんな様の帰りが待ちきれなくて、結果の出た検査薬を握りしめて家を飛び出し、だんな様に見せに行こうとするという――。すごい話です(愕)。

 あ、私は外に持ち出したりしていませんからねっ。夫に見せるのだって、熟考した上の総合的判断であり苦渋の決断だったんですからっ(言い訳がましいですかね・汗)。

 でもですね、陽性反応の出た検査薬を写真に撮ってSNSにアップする人はいるそうです。私は見たことないですが(わざわざ検索して見たりもしませんし)。

 周囲から見れば明らかに“豹変”しているのに、妊婦さん自身はおそらく“無自覚”なんですよね。だから、こういう言い方はあれですが「扱いに困ってしまう」と。「妊娠・出産は喜ばしいことである」というのは世の中の共通認識でしょうし、その喜びを噛みしめて妊婦ライフを謳歌する人を声高に非難するのも……。