亡き妻との子を作れなかった悔しさから自らの手で生み出そうと決心した君島信良(きみじまのぶよし)博士は、人工知能を兼ね揃えたロボットを作り上げた。


妻が生きていた頃から存在したかのように思いたかった博士は、自分の妻との思い出を自作の特殊な機械を使ってロボットの脳内チップに埋め込んだ。


顔の形を妻に似せ、面影を感じさせた。



年齢も妻が生きていた頃に産まれたと想定して18歳に設定した。

目次