山口さんは引き継ぎに備えて、キチンと準備をしてくれていた。その資料はとても分かりやすくて、彼女がどれだけ仕事の出来る人なのかがよく分かる。

私より5歳年上で短大卒だという事は仕事的には7年先輩になる。
もちろん歴が長いイコール出来るではないし、真反対の例も見てきた。

でも出来る人が長年、同じ仕事を積み上げてきた事は重くて、たとえ別の人間が引き継いでもやり方を変えるのは難しい。
木崎君の言う弊害ってその事なんだろうか?


もう少し詳しい事聞きたいんだけどなー。教えてくれないって事はまだ教えられないって事かもしれないし、こちらからきくのは憚られる。


眉根を寄せながら資料を見つめる私に山口さんがたずねてきた。

「どこか分からないところあった?ずっと自分しか見てないから、整理の仕方もどんどん自分のやり易いように変えちゃってて。
江藤さんの好きなやり方にかえてもらっていいからね。」

この作品のキーワード
激甘  上司  同期  片思い  クリスマス  サンタ