「それにしてもびっくりだよ。和玖がIのこと知ってたなんて」

「え…」


今、なんて?

俺は、ネリスの方を見る。

ネリスは、アイをIと呼んだ。


「アイ…って、アルファベットの、I…?」


そう聞くと、ネリスとフレアはくすりと笑った。
そうそう!と言って。

翼を小さくたたみながら、少しさみしげにしている…I。


「私、二人みたいに名前がないもの。だから、アルファベットで最初に浮かんだのがI…それで、この世界ではIと名乗ってるの」


大人びたIの様子に俺はただ、見つめることしかできなかった。

ただ、俺のいた世界のアイと違うのは容姿と名前だけで。


さみしそうな表情だけは、変わってなかったんだ。