「おい」

「はーい!」


俺の呼びかけに元気に返事をしたアイ。

俺は部屋の真ん中でドスンと胡坐をかき、腕を組んでいる。

対するアイは、空中に浮いて俺の体勢の真似をしていた。


「って、楽しそうに返事をするな!」


ビシッとアイに対してチョップをくらわそうとするが。


———スカッ…


「っ」


そうか、幽霊ってことは、触る事さえもできないんだ。

というか、本題にそろそろ入らねば。