駅を出た私たちは、前を歩く2人とは少し距離をあけて歩き出した。


彼とは弾むほどの会話は出来ていないけど、その微妙な距離が不思議と嫌では無かった…。


「今は、メガネではないんですね…」


歩きながら隣の彼を見上げると、綺麗な形をした彼の目が私の方を見て優しく笑いかけてくれた。


『普段はコンタクトですが病院では視力検査もあったのでメガネだったんです』


「そうなんですか。でもメガネだと雰囲気が全く変わりますよね。で、でもどちらもよく似合ってて素敵です…」


彼に見られて緊張しているせいか、訳のわからない発言をしてしまった。


素顔なのに似合ってますって……バカな子みたいだよ私…。


『菜々さんって、やっぱり面白いですね。今のは褒め言葉として素直にとっておきます。あ、あと僕の方が年下なので敬語じゃなく普通に話してください』


嬉しそうに笑いながらそう言った彼。


「あ、はい。じゃなかった…。えっと分かった…でいいのかな?」