『あぁ~っちゃ~ん!!お待たせ~!!』

「遅っせぇよ!あこは泣き虫、わがまま、マイペース…最強だなっ!」

『ひどーいっ…これでも100倍急いだんですけど!!!…てか、寒~い!!』

11月

気が付けば、もうすぐそこまで冬がやって来ていた。

山々は、頬を赤く染め、雲は低い場所からあこ達を見下ろしていた。

あことあっちゃんは、順調に絆を深めて行った。

このまま、平凡に、幸せに過ごせると思っていたんだ。


11月も終わり、12月に入ると…大雪になった。

いつもなら、X'masイブに合わせる様に、初雪が積もるくせに…

この年は、12月に入った途端、辺り一面の銀世界になった。

12月4日

あこは、19歳になった。

「あこ!19歳おめでと~!!」

『ありがと~!!みんなぁ~♪』

今日のあこは、ちょっとしたお姫様状態。

あっちゃんの家で、みんなが祝福してくれた。

エリ、ヒロトくん、卓ちゃん、ユキ、おばちゃん…それから、大好きなあっちゃん。

あこを見つめているあっちゃんは、夏の頃よらも優しい目をしていた。

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。