あのショックから
2週間が過ぎようとしていた。

寒い朝。私は、ビルの外をほうきで掃いていた。

柊さんと悠斗さん、あれから
ちょくちょく顔を覗かせて来るのだが
仕事が忙しくて中途半端のままだった。

どうしよう……柊さんの食事。

誘ってくれるのは、ありがたいけど
頭の中は、ずっと悠斗さんのことばかり
浮かんでいた。

行って来ればいいと言ったけど
本当にいいのかしら?

せめて止めてくれてもいいのに……。

ハッ!!

それだと、まるで悠斗さんのことが
好きで止めてほしいみたいじゃない!?

いやいや、好きになるなんて……おこがましい。

ブンブンと頭を振るう。
忘れようと必死で掃いていると

「おはようございます」

「おはようございます。あ、奏太君。
今日は、モコモコのクマさんの格好してる。
可愛い~!!」

「奏太くーん。バイバイ」

行き交うOLさん達が挨拶をしてくれるのだが
すっかり馴染んでしまっていた。

奏太は、歩行器に乗りながら覚えたてのバイバイを
一生懸命やっている。

上機嫌で人懐っこい奏太は、
いつの間にかビルの
マスコットキャラ的な存在になっているし……。