「……大丈夫だよ、晃ちゃん」



「まだ乃愛を瑠汰なんかに任せられないんだよ。不安で仕方ない」



「……瑠汰は強くなったよ。あたしよりずっと、ずっと」





────でもね、晃ちゃん。



気持ちが繋がったことで

『もう守る必要なんてないんだよ』

と、言われてしまった気がするんだ。




それがなぜかとても不安で、寂しくて。



より近い存在になったはずなのに、瑠汰がどんどん遠くに行ってしまうような気がして、どうしようもなく泣きたくなって。



あぁなんで、瑠汰に恋なんてしてしまったんだろうって……胸がつかえて苦しいよ。




どうしてかな。


繋がっている、はずなのに。


想いは互いに同じなはずなのに。


この作品のキーワード
胸キュン  溺愛  甘々  イケメン  幼なじみ  ドキドキ  すれ違い  切ない  野いちご大賞