B.C. square TOKYOにある

老舗の化粧品メーカー・

花輪屋(はなわや)の

東京本社へ異動となった京都支社の

伊福部駿(いおきべ・かける)は、

それまでの営業主任から

秘書室長という

異例の抜擢をされる。



いっぽう、ニューヨークの

投資ファンドから派遣された

帰国子女の女性社長・

秀島さやかは、

慣れない日本での仕事に

苦労しながらも、

駿のサポートを受けて

次第に乗り越えて行くのだが…。



経済小説でありながら

笑いあり、

ときに涙あり、

さらにドタバタありの

新型オフィスラブコメディー。





※おことわり

この物語はフィクションです。

一部で実在の地名、

商品名、固有名詞などが

登場しますが、

これらは実在のものとは

全て関係はありません。

なお、作品の性質上、

一部に刺激のある

文章ならびに表現がありますが、

ストーリーの一部である

ことをあらかじめ

ご理解くださいますよう

お願い致します。





この作品のキーワード
社長  秘書  老舗  化粧品  弁護士  イケメン  メガネ  京都弁  オフィスラブ  帰国子女