傷つくことに疲れて、
高い壁を作って、
閉じこもることを選んだ。


傷つけられることも、
傷つけることもない、
わたしだけの場所。


すべてのドアを閉めて、
厳重に鍵をかけて、
日の当たる場所に背を向けて。



わたしを探して呼ぶ声にすら、
気づけずにいた。
誰にも愛されないまま、消えていくのだと思っていた。







ノベリスト
みのり from 三月のパンタシア




--------------------------------
三月のパンタシア

オリジナル楽曲「星の涙」ノベライズ!

<スターツ出版文庫より、2017年3/28発売>

--------------------------------

*3/21UP*

三月のパンタシア・みのりです。
小説『星の涙』にたくさんの感想、レビューをありがとうございます。
すべて読ませていただき、たくさんの方が理緒の悩みや孤独感に共感してくださったことに驚いています。
そして、やはり理緒はひとりぼっちではないのだなと実感しています。
『星の涙』を通してみなさんとつながれたことを心から嬉しく思います。
3月28日発売の書籍版『星の涙』では、サイト版では書き切れなかったふたりの想いを加筆しています。
ぜひ、楽曲『星の涙』とともに世界観を感じて頂けたら嬉しいです。

好評発売中

あらすじを見る
感情表現が苦手な高2の理緒は、友達といてもどこか孤独を感じていた。唯一、インスタグラムが自分を表現できる居場所だった。ある日、屈託ない笑顔のクラスメイト・颯太に写真を見られ、なぜかそれ以来彼と急接近する。最初は素の自分を出せずにいた理緒だが、彼の飾らない性格に心を開き、自分の気持ちに素直になろうと思い始める。しかし颯太にはふたりの出会いにまつわるある秘密が隠されていた…。彼の想いが明かされたとき、心が愛で満たされる。
この作品のキーワード
切ない  居場所  親友  写真 

スターツ出版文庫

星の涙
星の涙
amazonで買う
楽天で買う