鬼、妖、神仏が見える《見鬼(けんき)》の力を持つ少女

橋本 塔子(はしもと とうこ)

×

鬼神の主様

氷雨 夜鬼(ひさめ よき)


『この者、橋本 塔子を、俺の花嫁とする事に決めた』

「えぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇ!!!!!!?????」

2人が織り成す
異世界コメディー
和風ファンタジーの世界へ
ようこそ~~~



※誤字&脱字、気づき次第修正します!お気づきの箇所ありましたら、お気兼ねなくコメントして下さい✩.*˚
完結するまでは、内容変更&訂正、ご了承くださいませm(_ _)m


☆ファンタジー小説大賞応募作品です☆

あらすじ

見鬼の力を生まれつき持っている少女は忌み嫌われ、小さな頃、山に捨てられた

ピンチを救ってくれた少年にありがとうが言いたくて

通い続けた神社

ある時妖怪に食われ気がつけばそこは

常世

そこで命を助けてくれたのは銀髪、銀眼の超美形男子

『お前を俺の花嫁に決めた』

意地悪、ワガママ、俺様な彼に翻弄されながらも、怒って、泣いて、笑って、傷ついて、、


自らの過去と向き合っていく物語

この作品のキーワード
とこよ  異世界  ラブ  ファンタジー  ラブコメ  コメディ  陰陽  花嫁    常世